2022年10月03日

「FC今治vsガイナーレ鳥取」ホーム戦2022

10月2日FC今治は3連勝をかけてありがとうサービス
夢スタジアム≠ナガイナーレ鳥取の激突。

前日に2位の鹿児島が勝利したため、勝ち点差6を護る
ためには勝ち点3を上げるしかありません。


今回は前節で、2位鹿児島に6−0で大勝した相手。

先制点を許すわけにはありません。

不安を吹き飛ばすような開始1分での、山田選手の先
制ゴール。

その4分後にも、千葉選手がゴールを決めました。

その後守りに回ったわけでもないでしょうが、相手が
攻撃する展開が続きました。

それでも守り切り、前半を2−0で折り返す。

押され気味の中、後半10分にインディオが素晴らしい
ゴールを決めました。

本当に、貴重なゴールだったと思います。

最近のゲームは、本当に攻撃陣が好調。

得点を決めているインディオ、千葉選手はもちろん中
川選手の存在を忘れてはいけません。

自身の得点は上げていないものの、得点に絡む活躍は
随所に見せています。

この試合では味方ゴールライン付近で、献身的な守備
を見せてくれました。

本当に、素晴らしい選手だと思います。

守備の方もピンチはかなりありましたが、キーパーの
茂木選手をはじめとして、歳暮の最後は躰を張って守
り見事にクリーンシートを達成。

次節はアウェイ戦ですがどんどび芝っち広場≠ナ
3年ぶりのバブリックビューイングがあります。

10月8日14時にキックオフ。
DAZNを見ながら応援するのも良いですが、来れる方
はみんなで集まって応援しましょう。
posted by わたべ とよひこ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月26日

「テゲジャバーロ宮崎vs FC今治」アウェイ戦2022

FC今治は2022年9月25日午後2時から、宮崎県の
ユニリーバスタジアム新富≠ナテゲジャバーロ
宮崎と対戦。

前節首位のいわきに勝ったとはいえ、絶対に負けら
れない戦いです。

過去は1分け2敗と、相性が悪い相手。

ベンチに近藤・福田・島村・野口・フィリップ選手が
いないのは残念ですが、現在戦える選手で頑張るしか
ありません。


今回も中川選手、インディオ選手を中心に、攻撃面
では躍動。

好調のインディオ選手が、フリーキックからのボール
をヘディングで先制ゴールを決めました。

19歳以下の日本代表として、ラオスで開かれたUー20
アジア・カップウズベキスタン予選3試合で9ゴールの
千葉選手。

好調さそのままに、このゲームでも2ゴールを決めま
した。

守備面では持ち前の堅守を発揮とはいかず、前半にセ
ットプレーからの同点ゴールを許し、後半23分には
クロスからの失点。

最後までヒヤヒヤする内容ではありましたが、守り切
り貴重な勝ち点3をあげました。

松本と鹿児島が敗れたため、2位との勝ち点差は6に。

次節はありがとうサービス夢スタジアム≠ナ、鳥取
とのホーム戦。

11位とはいえ、強豪鹿児島を6−0で破った勢いもあり
本当に侮られない相手です。

とにかく守備を立て直し、最小得点に抑えて欲しいと
思います。

是非是非!次節もホームで勝利を。






posted by わたべ とよひこ at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月19日

「FC今治vsいわきFC」2022年ホーム戦

台風14号による悪天候の中、15時30分キックオフ。

叔父の法要があったので、妻と二人で大好きな無垢
で飲食を済ませた後、タクシーでありがとうスタジオ
夢スタジアム≠ノ行きました。



ポンチョを着るのは面倒でも、必死で戦っている選手達
には申し訳ないかもしれませんが、悪天候の方がチャン
スがあるかもという気も。


前半はスピードも当たりも相手の方が上で、ほぼ攻め
られている展開でした。

1対1で勝っていると感じたのは、インディオ選手くらい。


躰を張ったプレイが功を奏したのか、前半0−0で折り返
せたのは僥倖でした。


エース中川選手がボールも持って前を向けたのは3度く
らいだったと思いますが、貴重なチャンスを生かしイン
ディオ選手に見事なパス。

最後は三門選手が、移籍後初ゴールを決めました。

前節の伊予決戦。
三門選手の交代に、疑問を持っていました。
アクシデントがない限り、常時出場させ続けて欲しい選
手の一人だと思います。

この先制点を全員で守り、勝ち切りました。

いわきに対してダブル※になりましたが、相性が良いと
かではなく単なる巡り合わせだとは思います。

首位なので当然ですが、本当に強いチームです。

次節は9月25日14時からユニリーバススタジアム新
富≠ナテゲバジャーロ宮崎との対戦。

これからずっとですが、負けられない戦いが続きます。

※ホームアンドアウェーのリーグ戦などにおいて、同じ
対戦相手に連勝すること








これからずっとですが、本当に負けられない戦いが続き
ます。


posted by わたべ とよひこ at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月12日

「愛媛FCvs FC今治」2022アウェイ戦

J3第24節今季2戦目となる伊予決戦。

9月10日19時より、県総合運動公園ニンジニアスタジアム
にて行われました。

前回のホーム戦では2−0での勝利。

愛媛FCが死にもの狂いでくることは、間違いないでしょう。



今回は9,000人以上の観客が集まりました。
人口15万1千人の今治市に対して、3倍以上の51万1千人の松
山市。
動員数に関しては、さすがという感じです。

我々もペンライトを購入して、万全の応援体制。



前節こそ出場停止だったものの、鹿児島戦で爆発したインディ
オ選手がスターティングメンバーでなかったのには驚きました。

相手チームがよく走ったのもあるかもしれませんが、前半は完
全にゲームを支配されていました。

前半10分に早々と失点。

後半早々安定感抜群の三門選手に代え、インディオ選手を投入
してから流れが良くなったように感じました。

流れからのゴールではないとはいえ、後半3分、9分に次々と加
点。

逆転に成功します。

喜びも束の間、後半12分、21分にゴールを許し逆転されてしま
います。

フラットな気分で観ることができれば、激しく面白いゲームだ
ったかもしれません。

僕自身は、とても冷静な気分で観ることはできませんが。

スコアは2−3ですが、シュート数やフリーキック数、コーナー
キック数では上回っています。

それでも、内容では勝っていたとは思えません。

3試合連続の3失点。

特に今回は、最も警戒すべき選手である松田選手に2本のゴー
ルを決められています。

負けるべくして負けた、というゲームだったのではないでし
ょうか。

ディフェンスの立て直しが、急務だと思います。

次節の相手は、首位いわき。

別に失点がゴールキーパーだけの責任だというわけではない
でしょうが、修行選手を起用して勝負して欲しい。

もちろんもっと悪くなるかもしれませんが、勝利の可能性を
少しでも高めるために挑戦してもらいたいと思います。





posted by わたべ とよひこ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月05日

第23節FC今治vsギラヴァンツ北九州 2022ホーム戦

ありがとうサービス夢スタジアム≠ナ、2022年9月4日
16時からキックオフ。


まずはいつものように、フードコートで腹ごしらえ。

たこ焼き・ホルモン味噌焼きうどん・ホルモン丼・鳥唐揚
げを食べました。


土曜日のゲームでは、J3上位3チームが全て勝利し、どうし
ても負けられない戦い。

相手の北九州は、直近5試合で1勝4敗と調子が上がっていな
いようですが、アウェイで0−3で敗れている侮れないチーム
です。

前節のメンバー岡田・細川・松井・インディオ選手が、茂木・
安藤・楠美・山田選手に変更。

ベンチ入りしているメンバーも含め、従来の布陣に戻りつつ
ある印象です。

まだベストメンバーでも、ベストコンディションでもない
でしょうが、そのことは言い訳にはなりません。

前半開始4分中川選手がもらったPKを、安藤選手が豪快
に決めて先制。

そこまでは良かったのですが、それからは相手にボール
を保たれる展開が続きます。

ついには前半47分にオウンゴール。
嫌な時間帯に追いつかれてしまいました。
ボールは、完全にゴールマウスを超えていないように見
えましたがゴールの判定。


後半10分にクロスから逆転ゴールを許すも、すぐに山田
選手が技ありの同点ゴールを決めました。

前半と比べて、後半は押している展開だと思いましたが
後半34分に失点。

後半43分に三門・フィリップ選手を投入しました。

コンディションの問題があるのかもしれませんが、あい
かわらず動くのが遅過ぎると感じます。

今治はシュート15本とコーナーキック9本。
相手はそれぞれ5本と4本なので、内容的には押していた
と言ってもいいのでしょうが、勝負事には相性の悪さと
いうものがあるのかもしれません。

高瀬・福田選手をはじめよく走っていますが、前節の鹿
児島戦が凄すぎたのか、全体的に動きが少し物足りなく
感じたのも事実。

パスを出すのにもたつくシーンも、多かった気がします。

この敗戦で、昇格ラインに勝ち点差6。


厳しくなったとはいえ、選手たちは下を向く必要はない
でしょう。

5連勝は逃しましたが、次節は伊予決戦。

必ず勝利して、新たな5連勝、6連勝につなげましょう。










posted by わたべ とよひこ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月29日

「鹿児島ユナイテッドvs FC今治」2022アウェイ戦

FC今治の橋川和晃監督をはじめとしたスタッフや、大量の
トップ選手が新型コロナウイルスの陽性判定。

相手は、強豪中の強豪チームの鹿児島です。

できれば中止にして欲しいと思いましたが、予定通り開催。

前節と同じ先発メンバーは、中川・飯泉・下口選手だけで、
ベンチの控えメンバーはキーパーを含めて4人という苦しい
状況です。

攻撃力で定評のあるチームですが、カウンター狙いで守りを
固めてしまうと余計に失点をしてしまいそうで心配でした。

心配は杞憂に終わり、球際でも勝ち、走り負けない攻撃的な
プレイ。

長身の選手もいないのでセットプレーでの得点は、期待しに
くいと思っていましたが、流れからの得点で4点をあげまし
た。

心配していた守備では3点を献上するも、最後まで1点差を
守り抜き大金星。

J3のイエローカード記録を更新するほどの、熱い戦いでし
た。

試合終了後の、中川選手の涙に感動。

応援している方も観終わるとグッタリしたくらいなので、
精神的にも肉体的にもキツいゲームだったのでしょう。

打ち合いを制した今治。

順位も4位にまで上げ、2位との勝ち点差は3になりまし
た。
7位の藤枝は、試合数が2試合も少ないですが。

次節は9月4日16時からのホーム戦。
アウェイで大敗した、ギラヴァンツ北九州との対戦です。

メンバー的には今回と変わらない厳しい状況かもしれま
せんが、負けるわけには行きません。

みんなで夢スタに集合して、応援しましょう。
posted by わたべ とよひこ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月22日

「FC今治vsカマタマーレ讃岐」2022ホーム戦

8月21日午後4時過ぎからありがとうスタジオ夢スタジアム
で讃岐と対戦。

相手は5勝3分け12敗の16位ですが、四国ダービーでもありい
つも以上の力を出してくることは予想されます。

サンワカンパニーフードコートで、香川の骨付鶏、焼きそば
や岩城のポーク丼などを食べました。

観客は2012人でしたが、そのうち300人くらいは讃岐ファン
が来てくれていたようです。



素人目線での、ゲームの感想。

コロナや怪我などで、両チームともベストメンバーではあり
ませんでしたが本当に熱い戦い。

前半40分にカウンターからの見事なゴールで先制しましたが、
後半早々に心配していた左から崩されての同点ゴールを決め
られてしまいます。

同点ゴールから4分後、ペナルティエリアでのハンドにより
PKを獲得。

これを安藤選手が、冷静に決めました。

応援している側からすれば追加点が欲しかったところですが、
守備を固めての逃げ切り。

相手チームの反則も多く(イエローカード3枚)試合内容は
満足できるものではありませんでしたが、とにかくこの勝利
によってJ2挑戦権を獲得しました。

次節の鹿児島とのアウェイ戦。

本当に大切な戦いになります。
ホームでも敗けている強い相手ですが、勝たなければ終わる
気概を持って戦ってもらいたいと思います。

posted by わたべ とよひこ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月15日

「FC今治vs FC岐阜」2022年ホーム戦

FC今治、アウェイで快勝した岐阜をホームに迎えての一戦。

お盆休みだからか、FC岐阜ファンも多く来場していました。

まずはサンワカンバニーフードコートで腹拵え。
ひなたスイーツのステーキ&カツライス、kaberiのサンドイ
ッチ、POTATOSTANDのポテトフライ・鶏唐揚げ、谷水精
肉店の焼き鳥などを食べました。


素人が観た感想を、また書いていきます。

予想通りFC岐阜は強く、前半は完全にボールを支配されて
いました。

後半は少し盛り返し、ほぼ互角の展開。

山田選手・近藤選手・中川選手の惜しいシュートもありまし
た。

前半終了ギリギリに、エース中川選手がゴール。

岐阜のシュートの精度が低かったわけではなく、ゴールキー
パーの茂木選手やセンターバックの安藤選手を中心に堅い守
りで凌ぎ切ったと思います。

エースが決めて、クリーンシートでの勝利。

ただ不満も残ります。

最近ストロングポイントと言われるコーナーキックやフリーキ
ックのセットプレーで、全く得点が取れる雰囲気が感じられな
かったこと。

フィリップ選手の先発起用は良かったと思いますが、相変わら
ずエースの中川選手を後半26分で途中交代させる采配。

代わりに入ったインディオ選手は活躍しましたが、1−0のまだ
まだどちらに転ぶかわからない場面で、一番得点力のある選手
を下げるのは理解に苦しみます。

とはいえ、今季2度目の2連勝。

本当に苦しい戦いだったとはいえ、貴重な勝ち点3を取りまし
た。

2位との勝ち点差は6。

次節で今季初の3連勝を達成することは、必須の課題です。

次節8月21日もホーム戦。
午後4時から、讃岐との四国ダービーです。
夢スタに集い、みんなで応援しましょう!














posted by わたべ とよひこ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月07日

「FC今治vs YS横浜」2022ホーム戦

FC今治は8月6日16時からありがとうスタジオ夢スタジアム
でYS横浜と対戦。

新型コロナウイルスの影響で中止となった第17節の代替試合と
なります。

前節の福島戦は引き分けに終わり、J2昇格を達成するためには、
勝ち点3を上げるしかない状況になってしまいました。

相手は最下位のチームとはいえ、簡単ではありません。

僕自身が新型コロナウイルスに感染し、久々のホーム戦だとい
うのにDAZN観戦での応援。

今回も生意気ながら、素人が観た感想を書いていきます。

前半はセカンドボールが拾えず、もどかしい展開。

このまま終了かと思われたところ、山田選手が値千金の先制
ゴールを決めました。

前半44分、良い時間帯でのゴール。

後半9分に同点ゴールを決められて嫌な流れになりかけまし
たが、その5分後上原選手が勝ち越し弾を決め流れを取り戻
しました。

終わってみれば5−2。
シュート数も相手の4本に対して15本の大勝。

ですが、手放しで喜べる内容だったでしょうか。

もちろんミスをゼロにすることなどできませんが、危険な
ミスも目立ちました。

左サイドが、簡単に崩されるのも心配です。

新加入の三門選手・ピシュチュク選手の活躍など楽しみな
点も多々ありましたが。

この勝利で次節の岐阜戦も、同じスターティングメンバー
で臨むと思いますが、本日と同じ動き(スピード)では厳
しい戦いになるでしょう。

今度のホーム戦は応援に行けると思いますが、本日や前回
の岐阜戦のような今治のゴールラッシュが観られることを
祈ります。

岐阜が強いのは分かっていますが、勝つしかありません。


posted by わたべ とよひこ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月31日

「福島ユナイテッドFCvs FC今治」2022アウェイ戦

FC今治は7月30日19時から、福島市のとうほう・みんな
のスタジアムで福島ユナイテッドFCと対戦。

7月唯一のホームのYS横浜戦が流れたので、アウェー4連
戦目になります。

8位の今治に対して、相手の福島は10位ですが開幕戦それ
もホームで敗れ出鼻をくじかれた因縁の相手。



エースの中川選手も戻り、今治はほぼ万全のメンバーです。

安藤選手はオフサイドを主張していましたが認められず、
相手エースの高橋選手に先制点を決められてしまいました。

全般的に押した内容でもなく、不満が残る内容。

後半27分に島村選手を投入してから、展開が速くなった印
象を受けました。
もっと早く出場させて欲しいところ。

コンディションやスタミナに問題があるのかもしれません
が、いつもエースの中川選手を途中で下げる采配にも疑問
が残ります。

新加入の三門選手とピチュチェック選手が見られたのは嬉
しかったのですが、今回も照山選手のフリーキックからの
1点のみ。

流れの中で点が取れなくて、決定力不足は解消されないま
まです。

次節は久々のホーム戦。

YS横浜を迎えて、8月6日の16時キックオフです。

昇格争いに加わるためには、絶対に勝ち点3が必要。

サポーターみんなで、盛り上げていきましょう。
posted by わたべ とよひこ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
A HREF="http://blog.with2.net/link.php?601649">人気ブログランキングへ